Shintatouの競馬ブログ

今週末はShintarouの競馬ブログをみよう!重賞レースのデータ、その他こじはる三連単五頭ボックスをご紹介。

【競馬・セントライト記念2016予想】話題のAKBこじはる・小嶋陽菜三連単予想は・・

        

競馬ファンの方もそうでない方もこんにちは。シンタローこと馬太郎です。

 今日は中山競馬場で3歳馬菊花賞トライアルレース

  セントライト記念

が開催されます。

 

 今年のセントライト記念は、1強ムードが漂ってますが他は例年通り混戦模様。ですが、そこは天下のAKBこじはる

  小嶋陽菜さん

この混戦を打破して、的中に導いてくれることでしょう。何たって、もう年間収集プラスを確定させてますからね♪

 

 そして、万馬券を狙うあまりに肩に力が入りすぎて、ついつい夢とロマンを追い求め過ぎ、自分が思っていた以上に熱を入れてしまいその結果、お金を使い込んでしまうという

  JRAマジック

に陥らないためにも、競馬を楽しむことが大切。

 

 ということで、札幌記念関屋記念そして宝塚記念

  万馬券を大的中

させた、ゆる〜いAKB小嶋陽菜さんの三連単5頭ボックスの予想を紹介し、肩の力を抜いていただけたらなと思います。

 

 夢と感動を誘う→熱くなる→ついつい金銭をかけすぎてしまう

 

 何ともよくできた仕組みですよね。

 この無限ループとも言える

  JRAマジック

に陥らないためにも、自我を抑制する精神、そして先ほども書きましたが、何より競馬を楽しむことが重要になってくると思います。

 

 なので、何より競馬を楽しく予想していて、ゆる〜く三連単5頭ボックスで予想を展開している

  AKB小嶋陽菜

さんの予想を早速ご紹介!

f:id:poririn03:20160522094739j:plain

AKBこじはる・小嶋陽菜3連単5頭ボックス予想

 ◎4番 ディーマジェスティ(1番人気)

 ◯10番 ゼーヴィント(2番人気)

 △12番 ステイシパーシスト(6番人気)

 △1番 メートルダール(5番人気)

 △3番 プロフェェット(7番人気)

(人気は午前9時の段階なので購入する際は、もう一度確認して下さいね)

 

 今回の予想も高配当が見込める予想♪

 小嶋陽菜さんの一芸、人気の一角を外し中穴〜穴馬を入れる予想が本領発揮しております。

 中穴〜穴馬を当てるのが難しいのですが、先週は的中ならずでしたが、二週連続で三連単を的中させている

  センス抜群

  正に幸運の女神

小嶋陽菜さんなので期待度は高いです♪

 

馬券の買い方を迷っている方

 もう何を買えばいいかわからない!

 何を減らして、何を増やそうか!

と迷って答えを見出せない、馬太郎を含めた読者の方!

 

 小嶋陽菜さんの予想を参考

 一旦、冷静さを取り戻し

  JRAマジック

に陥ることなく、肩の力を抜いて

  ゆる〜く考える

なんていかがでしょうか♪

     SPONSORED LINK

最後に同日阪神競馬場で行われるローズステークスの過去データも載せておくので参考にしてください

 1番人気の信頼度が低く単勝平均配当も約2000円と高い。

 内枠が過剰人気するせいか、回収率を見ると中〜外枠のほうが格段に高い。
 絶対的に差し馬が有利で、速い上がりが勝ち負けに必須。

 

ローズステークスの平均配当・波乱傾向強い

 18頭立てにおける平均配当は、単勝2080円、馬連1万1412円、3連複5万1779円と、非常に高い配当で波乱傾向の強いコース。原因は、先にも挙げた1番人気が不振であるから。1番人気の複勝率は44.7%と回収率の低さが目立っているので、1番人気の信頼度は低い。

 

ローズステークスの馬番別成績・内枠の不信が目立つ

 内枠である1番〜6番の不振が目立つ。もっとも有利であるはずの枠番ながら、勝率・連対率・複勝率のいずれも回収率があまり高くないので、内枠が過剰人気と感じるのであれば、中枠、外枠を積極的に狙っていくのが定石。外枠の何でこんなに人気がないの!?という人気薄馬は要チェック。

 

過去10年のローズステークスを分析すると前走4コーナーの位置から見る活躍馬の傾向が目立つ

 過去10年のローズステークス出走馬について、前走4コーナーでの位置別に成績をみてみると、優勝馬10頭中7頭は前走の4コーナーを10番手以下で通過と差し馬の活躍が目立つ。

 複勝圏である3着内率では6~9番手がトップ。前走で中団~後方でレースを進めていた馬が活躍する傾向にある。

 

過去10年のローズステークスの連対馬を見てみると6月以降の出走回数が少ない馬の活躍が目立つ

 過去10年の出走馬について、6月以降の出走回数別を見てみると、連対馬20頭中19頭は6月以降の出走回数が0回か1回。優勝馬に限れば10頭中9頭が0回の馬だった。

 

過去10年のローズステークスの近走での実績を分析すると阪神実績が重要

 過去10年(中京競馬場で行われた年は除く)過去3走の阪神芝コースでの最高着順別に成績を調べてみると、優勝馬9頭中7頭は最高着順が1着か2着。

 その他にも6~9着組から2頭の勝馬を含み5頭の3着以内馬が出ているので、6~9着に敗れた馬の巻き返しも期待したい。

     SPONSORED LINK