読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shintatouの競馬ブログ

今週末はShintarouの競馬ブログをみよう!重賞レースのデータ、その他こじはる三連単五頭ボックスをご紹介。

【ローズステークス2016予想】過去データ分析!レース傾向6選

        

 こんにちは。馬太郎ことしんたろーです。明日、阪神競馬場で3歳牝馬三冠の最終戦であり秋華賞のトライアルレースとなる、G2ローズステークスが開催されますので、予想に役立つ情報を掲載していきたいと思います。

(明日は【競馬・ローズステークス2016予想】話題のAKBこじはる・小嶋陽菜三連単予想は・・ を公開するよ)

 

ローズステークスで使用される阪神芝1800mAコースデータ・一番人気の信頼度低い

 1番人気の信頼度が低く単勝平均配当も約2000円と高い。
 内枠が過剰人気するせいか、回収率を見ると中〜外枠のほうが格段に高い。
 絶対的に差し馬が有利で、速い上がりが勝ち負けに必須。

 

ローズステークスの平均配当・波乱傾向強い

 18頭立てにおける平均配当は、単勝2080円、馬連1万1412円、3連複5万1779円と、非常に高い配当で波乱傾向の強いコース。原因は、先にも挙げた1番人気が不振であるから。1番人気の複勝率は44.7%と回収率の低さが目立っているので、1番人気の信頼度は低い。

 

ローズステークスの馬番別成績・内枠の不信が目立つ

 内枠である1番〜6番の不振が目立つ。もっとも有利であるはずの枠番ながら、勝率・連対率・複勝率のいずれも回収率があまり高くないので、内枠が過剰人気と感じるのであれば、中枠、外枠を積極的に狙っていくのが定石。外枠の何でこんなに人気がないの!?という人気薄馬は要チェック。

     SPONSORED LINK

過去10年のローズステークスを分析すると前走4コーナーの位置から見る活躍馬の傾向が目立つ

 過去10年のローズステークス出走馬について、前走4コーナーでの位置別に成績をみてみると、優勝馬10頭中7頭は前走の4コーナーを10番手以下で通過と差し馬の活躍が目立つ。

 複勝圏である3着内率では6~9番手がトップ。前走で中団~後方でレースを進めていた馬が活躍する傾向にある。

 

過去10年のローズステークスの連対馬を見てみると6月以降の出走回数が少ない馬の活躍が目立つ

 過去10年の出走馬について、6月以降の出走回数別を見てみると、対馬20頭中19頭は6月以降の出走回数が0回か1回。優勝馬に限れば10頭中9頭が0回の馬だった。

 

過去10年のローズステークスの近走での実績を分析すると阪神実績が重要

 過去10年(中京競馬場で行われた年は除く)過去3走の阪神芝コースでの最高着順別に成績を調べてみると、優勝馬9頭中7頭は最高着順が1着か2着。

 その他にも6~9着組から2頭の勝馬を含み5頭の3着以内馬が出ているので、6~9着に敗れた馬の巻き返しも期待したい。

 

おわりに

 今年も波乱が期待されるローズステークス。過去のデータを参考にしてレース的中を目指してみてはいかがでしょうか。それでは、ゆる〜く予想しましょ♪

(明日は【競馬・ローズステークス2016予想】話題のAKBこじはる・小嶋陽菜三連単予想は・・ を公開するよ)

 万馬券が的中するのを祈っております!!

     SPONSORED LINK